福岡銀行の特徴とサービス
福岡銀行は、なんだかおもしろい!
  

福岡銀行は、なんだかおもしろい!

福岡銀行の定期預金はどんな金利で、どんな商品

福岡銀行と西日本シティ銀行とのライバル関係

福岡銀行と山口銀行グループとのライバル関係

福岡銀行の普通預金はどんな金利で、どんな商品

福岡銀行の歴史とは

福岡銀行のインターネットバンキング

福岡銀行で現在行っているキャンペーン情報

福岡銀行のポイントサービス

信金中央金庫と日本の金融システム

信金中央金庫の生い立ちとは

信金中央金庫の果たしている役割

信金中央金庫と一般信用金庫の関係

信金中央金庫の主な業務

信金中央金庫の果たす支援策

信金中央金庫の経営戦略

信金中央金庫の主な顧客とは

信金中央金庫が金融市場で果たす役割とは

福岡銀行は、なんだかおもしろい!

福岡銀行の歴史とは

福岡銀行は、福岡県福岡市に本拠地を置く地方銀行で、明治時代、第十七国立銀行として創業された国策銀行の1つです。その後太平洋戦争を迎えることになり、戦時下の強制的な銀行合併を経て、福岡県内に存在した中小規模の銀行を吸収合併し、現在の福岡銀行の母体が生まれました。発足当時、日本国内の地方銀行では最も規模の大きい銀行でもありました。

福岡県と言えば、戦中戦後を通じて基幹産業は「炭鉱産業」でした。日本の経済を支える炭鉱産業でしたが、次第に格安な外国産石炭の輸入と、石炭から石油へのエネルギー転換により、炭鉱産業が衰退していくと県内の経済活動も低迷し、福岡銀行も大きな影響を受けました。

しかし、その時になんとか経営を乗り切った経験を生かし、平成初期のバブル景気時代にも危ない橋を渡らず、堅実な経営を行った結果、財務基盤が安定したのです。そのため福岡銀行は、現在に至るまで全国屈指の資産力を保有する銀行となっています。

2006年10月には、長崎県にある九州親和ホールディングスと業務提携を結び、親和銀行を事実上子会社化し、不良債権の処理を支援しました。その後2007年4月には、熊本県の第二地方銀行、熊本ファミリー銀行を子会社に収めるために、持ち株金融会社ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)を設立し、そのグループの傘下に入った形になっています。ですが事実上長崎、熊本、福岡と言う3つの県において銀行の経営を行っている全国屈指の金融グループにまで成長しています。

   Copyright [ 福岡銀行は、なんだかおもしろい! ] - 2014